2学期開始にあたってのメッセージ

 いよいよ2学期が始まります。すべての児童・生徒のみなさん、保護者のみなさんに「命の大切さ」についてメッセージを届けたいと思います。

 今年の夏休みは新型コロナウイルスが感染拡大する中でプールもなく、のびのびと遊んだり、家族とどこかへ行ったりすることもできずに、本当に我慢を強いられる日々を過ごしたのではないでしょうか。中学生のみなさんは部活の大会やコンクールがなんとか実施できましたが、いろんな制約もあって苦労したことだと思います。保護者の皆様におかれましても大変なご苦労をされたのではないでしょうか。

 こうした中、医療従事者や感染症の専門家の反対の声を無視して東京五輪が開催されました。アスリートのみなさんの可能性にチャレンジする姿や競技に賭ける気持ちに感動や勇気をもらった人もいたと思います。しかし、開催を強行したことによって「感染爆発」と呼ばれる状況になり、感染しても病院に入れず、お母さんや赤ちゃんが亡くなるという、痛ましいニュースが連日報道されています。デルタ株は従来株とは違い、子どもたちにも感染しやすく、全国の10代以下の感染者は22,960人(17日までの1週間)で、約1ヶ月前比6倍余に急増しています。この宇城久地域も例外ではありません。

 このようなコロナ感染の現状の中で、今何をしなければならないのかは、私たち大人に投げかけられている大変重要な問題です。人は楽しいこと、みんなで喜んだり、叫んだり、声を合わせたり、笑ったり、そんなことを何の遠慮もなくできたら幸せだと思います。ところが今はそれができない状況です。私たちは考えます。一番大切なものは何かということを。それはかけがえのない、誰もがたったひとつ与えられた「命」だと思います。

 私たちはみんなの命を守ることに全力を尽くします。

 政府が「切り札」と位置づけるワクチン接種は若い世代に行き渡るまでには時間がかかります。また、従来の感染対策では感染力の強いデルタ株には不十分です。私たちはみなさんの命が守られるように学校教育の中で適切な対策や対応がなされるよう、これからも声を上げていきます。

 みなさんの願いや思いをぜひ聞かせてください。

  2021年8月27日              

  宇治久世教職員組合   

   執行委員長 田中正浩

​宇治市、城陽市、久御山町に「新型コロナウイルス感染症に関する申し入れ」を行いました。写真は宇治市に申し入れる下村書記長

IMG_55592.jpg

                       2021年8月26日

                        宇治久世教職員組合

 新型コロナウイルス感染対策に関わる第4次申し入れ

 政府は8月20日に京都府を対象に緊急事態宣言を発出しました。宣言発出後も、過去最多の感染者数を記録するなど、新型コロナウイルスの感染拡大は猛威を振るっています。コロナウイルスの変異株は、感染力が強力で、児童・生徒にも感染しやすいと言われています。発病すれば児童・生徒でも重症化し、今の保健所の体制、医療体制の逼迫状況を考えれば、命の危険が極めて高いと思わざるを得ません。夏季休業中にも、市内の児童・生徒、教職員の感染も今まで以上に発生しています。このままの状況で2学期が始まれば、学校現場を通して更なる感染拡大が非常に危ぶまれます。児童・生徒、保護者、教職員の不安を取り除き、安心して学校が開かれることが求められます。

城陽市教育委員会が児童・生徒、保護者、教職員の命を守る立場で、下記の要求について誠実に対応していただきますよう要望します。

       記

1,府教委が府立学校に対し始業式を遅らせる通知を出しているが、城陽の感染状況、保健所の逼迫状況を見れば緊急事態宣言中は学校を休校とすること。

2,希望する教職員全員にワクチン接種を早急にすすめること。

3,始業にあたっては以下の感染防止対策を講じること。

ア、分散登校をして密を避ける。

イ、児童・生徒および教職員の定期的な検査(PCR・抗原検査)の実施。

ウ、当面午前中授業にして給食をストップする。

エ、児童・生徒、教職員に不織布マスクを配布する。

4,コロナ感染防止対策において、教職員にこれ以上過度な負担がかからないようにすること。

                              以上

 宇治久世教職員組合(宇治久世教組)は、京都府南部、宇治・城陽・久御山地域の教職員で作っている教職員組合です。労働条件の改善に向けた活動とともに、よりよい教育、学校づくりのために、学習・交流をしています。